LOG IN

めでたいマスコットキャラを作ってみんなに自慢しよう【LINEスタンプ編】

by めでたい

こちらのブログに移行してから重めの記事ばっかり書いてて自分の中でのハードルが上がってしまっていたので、一旦ペラペラの内容で書くことでバランスを取ることにします。

おさらい: めでぞうくんとは?

新めでブロになってから初めてのめでぞうくん関連話なので、知らない方のために簡単な紹介も記しておきます。

めでぞうくんは、私めでたいが作っている各種コンテンツ(めでブロ、めでラジなど)の宣伝のために魔界から召喚したマスコットキャラクターです。

めでたいとは思念を共有した存在であり、その身体は象の顔と鯛の胴体、そしてオタクの手足から構成されています。

当初はいわゆる動画系VTuberのような路線を目指していましたが、散々迷走した挙げ句に現在ではMAD素材みたいな使い方になってきています。

ちなみに商標登録されています

LINEスタンプを作った動機

めでぞうくんがこの世に生を受けてからいつかはスタンプ等も作っていきたいという思いはあったのですが、自分がスタンプをあまり使わない人間(=オタク)だったので手付かずの状態となっていました。

ただよく考えたら使いたい言葉が世のスタンプに入っていなかっただけだった(=逆張り限界オタク)ので、そこの欲求も満たすために重い腰を上げることにしました。

あとは年始にちょっと暇だったので試しに作ってみたという感じです。

こういうスタンプ使いたいよね

スタンプを作って公開する方法の一般論

① LINE Creators Marketに登録する

② 新規登録→スタンプをクリック

③ スタンプの各種情報を入力する

スタンプのタイプ いわゆる普通のスタンプは「スタンプ」を選べば良さそう
タイトル、スタンプ説明文 英語と日本語で書いた
クリエイター名 HN(めでたい)を英語と日本語で書いた
コピーライト名 個人サークル名(多摩川沖300m海底)にしておいた
テイストカテゴリ それっぽいの選べばいいかな。めでぞうくんは「ラブリー」にした
キャラクターカテゴリ ここで「その他」にならない選択肢はもう飽和してそう
プライベート設定 ただランキング・新着に載るかどうかで、非公開にしても検索したら出てくるっぽい?
LINEスタンプ プレミアム スタンプ使い放題プランに登録するかどうか。選択しても実際に使用可能になるのは180日後らしい。一応「参加する」にした。
販売エリア 「販売可能な一部のエリア」にした(後述)
特集企画、 LINE Creators Collaboration 版権でも年末年始でも無かったから「参加しない」にした。
写真の使用 今回は「使用していません」を選んだ
ファイルの添付 めでぞうくんは一応商標登録してるんだけど特に載せなくても通った
作品が確認できるURL YouTubeチャンネルのURLを載せた(恥ずかしい)
その他、補足事項 空欄

④ スタンプの画像をアップロード

ここは後述にて詳しく書きます。

⑤ タグ設定、販売価格情報を設定

タグは選択肢から選ぶ形なので、変なスタンプを作ると対応するものが全く無い場合があります。

選択肢は120円、240円、360円、480円、600円の5段階で、スタンプの売上(Apple、Google等の手数料30%を除く) × 50% = 35%が報酬として入ってくるらしいです。

Webブラウザから直接購入すると120円設定の場合42円、スマホのアプリから購入すると31円とのことでした。

よっぽど有名コンテンツであったり出来の良いスタンプでない限り、一般静止画スタンプは120円、アニメ・音声付きなどの特殊スタンプは240円で出すのが一般的なようです。

また、個人での販売においては無料での配布はできないようでした。

⑥ 「リクエスト」をクリックしてしばらく待つ

審査に数日かかるとのことでしたが、ちょうど24時間後ぐらいに結果が来ました。

私のケースの場合一回リジェクトされたので、1回目の申請からちょうど48時間後ぐらいに承認までいきました。

⑦「リリース」をクリックして販売を開始する

これを忘れててなかなか販売開始されないな~ってなってました。

承認後にリリース処理をすることで販売開始となります。

実際にはリリース処理後約30分(恐らく内部サイクルとして定期時間で一斉に公開している?)で新着スタンプ欄に並び、同時に検索等でも出てくるようになりました。

めうくんって誰

一つ驚いたのは、自分で作ったスタンプでもちゃんと買わないと使えませんでした。

ひたすら自作して無料でスタンプ使いまくるみたいなテクニックは難しそうです。

スタンプの画像を作る

登録するスタンプの数は登録時に8, 16, 24, 32, 40から選べます。

言葉とかシチュエーションをぱっと思いつかなかったので今回は24個にしましたが、多すぎて困ることはないと思うのでもうちょっと粘っても良かったかもしれません。

これらとは別に販売ページ用のジャケット画像とスタンプのタブ用の画像が必要です。

計24個のうち、大雑把に分けてスタンプ用に新規で作った言葉が16個、過去の動画からの切り抜き(画像だけ新規に作ったものを含む)が8個です。

スタンプの言葉は完全に自分が使うやつのみを選んだ感じで、いわゆる普通の会話文はほぼないです。

それは普通の言葉であれば他のスタンプで十分表現できるからです。

ちなみに、めでたいのイチオシは「それASMR?」です。

ラインのボイス機能で怪音声が送られてきたときなどにお使いください。

一回リジェクトされた

画像が完成し意気揚々と審査に回したのですが、翌日にリジェクトの連絡が来ました。

顔が卑猥だったかとか友達スタンプが著作権に引っかかったとか色々考えてたのですが、拒絶理由も手稲に書いていただいてありました。

恐らく象をモチーフにしたスタンプなので宗教的に微妙なところがあったということではないかと思います。

対象国を減らして再度申請したところ無事アクセプトされました。

他の種類は特にいいかなぁ

あまり詳しくなかったのですが、スタンプには他にも、アニメーションスタンプ、カスタムスタンプメッセージスタンプ、BIGスタンプ、ポップアップスタンプ、エフェクトスタンプと色々な種類があります。

ただこれらは作るのが面倒だったり、そもそもめでぞうくんで出す必要があるか微妙だったりすると思うので今のところ別にいいかなという感じです。

OTHER SNAPS